【K-FiT ご案内】<★エッセイ「金のオタマジャクシ」がスタートします★>【6月20日~】


★エッセイ「金のオタマジャクシ」がスタートします★【6月20日~】

◆西日本新聞社<社告>2016年6月17日

文化面の連載随筆は、万葉学者上野誠さんの「万葉びとの筑紫」に続き、20日からバイオリニスト近藤薫さんによる「金のオタマジャクシ」が始まります。

近藤さんは1980年、愛知県生まれ。東京芸術大大学院修士課程を修了し、2011~15年に九州交響楽団でコンサートマスターを務めました。現在は東京フィルハーモニー交響楽団コンサートマスター、九響客演コンサートマスターとして活躍しています。ソロ活動ではCD「ジークフリート牧歌」があり、後進の育成にも取り組んでいます。東京都在住。

 連載では、演奏への思いからクラシックの楽しみまで、音楽を奏でるようにつづってもらいます。挿絵はイラストレーター荒井桃子さん=神奈川県=が担当します。ご期待ください。

筆者の言葉

 思い返せば、ずっと音の世界に生きてきた。音の深化を探るうちに出会いは変化し、異化を恐れず進む一方で、同化を繰り返してきた。音の行方を追う旅。

 そんな旅路で随筆を書きながら、言葉を知り、言葉に触れる。音の世界の住人が、言葉の世界でもがく。どうやら、「消えゆく音」と「残る言葉」は、同じ意味らしい。

=2016/06/15付 西日本新聞朝刊=


・出典:西日本新聞社 <社告>
http://c.nishinippon.co.jp/announce/2016/06/025568_post-99.php

西日本新聞社 <購買お申し込み>
https://f.msgs.jp/webapp/form/16701_jsy_1/index.do

西日本新聞社 <東京支社>※小売販売有
http://c.nishinippon.co.jp/info/honsha.php